幼児教室のメリットとデメリット

幼児教室は小学校に通う前の幼児に対して、音楽・運動・英語その他の早期教育を行なうスクールです。小学校受験のために、日常のマナーや会話の訓練をさせる教室もあります。幼稚園や保育園と違って公的な基準はなく、いわば何でもありなので、様々な教室が全国で開設されています。幼児教室のメリットのひとつは、天分に恵まれた子どもの才能を早くから伸ばしてやれることでしょう。とりわけ音楽や運動などの分野では、早期教育が子どもの将来を決める場合も少なくありません。また学ぶ楽しさを教える意味でも効果があると言えます。逆に幼児教室のデメリットは、子どものストレスになる可能性があることです。幼児期は年齢や個性による能力差が非常に大きく、他の子と比べられて劣等感を持ったりすると、後々にまで悪影響を及ぼすことがあります。幼いうちは伸び伸び育てるべきだという考え方もあるでしょう。

幼児教室に通ってみよう

最近幼児教室が人気になっています。子供は赤ちゃんの頃から毎日めまぐるしく成長をしています。そんな子供の脳を刺激し、発達を促す幼児教室に是非通ってみましょう。この教室では楽しく色々なことを経験する事が出来ます。見たり聞いたり五感を刺激し、子供の新たな力を発揮していきます。目から刺激を受け、また実際に音や声を聞いて、また自分で触って行動して体中を使って様々な経験をしていきます。そうすることにより、五感の発達を促す事が出来るでしょう。見たり聞いたりして経験したこと子供の成長にもつながります。それを小さなうちから経験することで、今後の成長につなげていきます。まだわからないんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、子供の成長は素晴らしいです。是非小さな頃から通って成長を促してあげ、出来る力を伸ばしてあげましょう。

幼児教室に興味をもつ。

我が家には3歳と1歳の2人の娘がおります。今のところ小学校受験予定はありませんが早期幼児教育には強い関心があります。上の娘は0歳の頃から通信幼児教材を購読していますが、やはり物事を覚えるのはとても早かったように感じています。それは、うちの娘が賢いだとかそういうことではなく、生まれたときから当たり前に教材に触れてきたからでしょう。そうすると、早くから幼児教室に通っているお子さんは自然に知識や物事のルールが身についていくのでしょう。今住んでいる地域では小学校受験が一般的ではありませんので、あまり考えたことはありませんでしたが、もしも受験を必要とする地域に住んでいるとしたら、ぜひ通わせて小さいうちから自然な形で知識を身につけさせたいです。大きくなってから突然「勉強しなさい」なんて言っても子供は苦痛に感じてしまうだけでしょう。

最近の公教育への不満から、小学校受験への関心が非常に高まっています。 伸芽会は創立60年を迎える、幼児教育の草分け的存在です。 1歳児コースから年長児コースまで、受験を見据えた教育を行います。 乳幼児期の脳への刺激が脳の働きに影響を与えると言われています。 伸芽会で行っている小学校受験の公開模試には、毎年2万人が参加しています。 幼児教室・幼児教育のパイオニアです。