今やお受験対策には幼児教室は必須です

息子がお腹の中にいる頃から胎教で絵本の読み聞かせをしたり、クラシック音楽を聴かせたりしながら過ごし、一歳の誕生日を待って幼児教室に通い始めました。英単語のフラッシュカードや、ひらがなやカタカナや漢字、俳句など短時間の間に多くのことを楽しみながら吸収できました。子供の脳はスポンジが水を吸い込むように新しい知識を吸収していくと言いますが、正しくその通りで、あっという間に様々なことを覚えていきました。三歳になる頃にはネイティブの先生の言っていることを殆ど理解出来るようになりました。そして年長さんになると、面接対策のためにマナーを厳しく指導してもらいました。模擬面接なども何度もやっていただき、実際の面接でも緊張せずに堂々と臨むことができました。その甲斐あって念願の第一志望の小学校に入学することができました。

幼児教室をお考えならまずは体験教室へ

お子様が小さなうちに、才能を伸ばしたいから、運動能力を伸ばしたいから、お受験対策のためにと、様々な理由から、幼児教室へ通わせたいとお考えの方も多いですね。幼児教室には沢山の種類がありますが、大きく3つに分けられます。知育・発達・社会性を重視した能力開発系。さらに日常生活のマナーや受け答えの練習など、お受験を意識した受験対策系。運動、音楽、英会話、絵画など、専門的分野に力を置いたもの。教室、とは言ってもお子様に楽しく学んでもらえるように工夫されていて、遊びながら学べるというところが多いです。その中から通わせたい教室を見つけていざ通わせてみたら、お子様には合わなかった、教室の雰囲気が思っていたのとは違っていた、ということもあるかもしれません。幼児教室では、無料で体験教室を行っているところが多いので、まずは体験教室に行ってみることをお勧めします。教室や先生の雰囲気も分かりますし、お子様が楽しんでいるか、通いたいと思えるかも体験教室に参加することで見えてきます。何よりお子様が楽しく通えることが一番。いくつか試して、お子様の好きなことも発見出来るかもしれません。

幼児教室で生活習慣を身に付けましょう。

生活習慣を身に付けながら幼児教室の全体像を見比べてください。その為には親子との絆を大切にしたほうが良いのかもしれません。このような目標を掲げて自身の得意分野を追い求めましょう。幼児教室ではクレヨンを使い分けて創作活動に励んでいます。身近な物の名前を覚えて専門的な知識を吸収してください。そうすれば子供たちの行動範囲が広がります。友人とのコミュニケーションを図ってミーティングに参加をしてください。そして的確なアドバイスを受け入れましょう。そうすれば家庭の環境面が整います。授業の内容には興味を示してください。手先の運動機能を高めながらカリキュラムの本質を調べましょう。練習を積み重ねて文字を書いてください。鉛筆の持ち方を学んで応用力を蓄えましょう。このようなスタイルを大切にしながら実践的な学習法を取り入れてください。